通院治療の可能性から見るがん保険のおすすめについて

がんは、通院で治す時代になっています。抗がん剤治療や放射線治療など、従来は入院して治療していたものが、医療技術の進歩により通院で対応できる時代になったからです。
入院を繰り返して治療していた時代ならば、ある程度の入院日額がもらえて入院日数無制限のがん保険に加入していれば
安心でした。しかし、これかからは、その内容のがん保険では充分に対応できない可能性があります。

がんの3大治療と呼ばれる手術・放射線治療・抗がん剤治療は、年々通院治療の割合が高まっています。
これからは、従来の入院という点だけに絞ったがん保険から、多面的に保障を考えなければならない時代になりました。

がん診断された後の生活を、診断給付金などのまとまった一時金で応援してくれる事・入院時の高額な入院負担分を長期間に渡ってガバーできる事。これらのポイントを押さえた保険であれば、今までは、おすすめ出来る商品でした。

しかしこれからの時代のおすすめがん保険は、入院以外の保障にどれだけ幅があるのか、どれぐらいその治療期間が長期化しても対応してくれるのか? そこもクリアできていなければ、おすすめすることは出来ません。

手術・放射線治療・抗がん剤治療は、たとえ入院しなくても保障されるのか?
保険会社によっては、上記3大治療に加え、緩和ケアも支払対象にしている商品も出てきています。終末医療だけに使うのではなく痛みの管理を初期段階から調節し生活の質を上げる治療も出てきているので、緩和ケアについても考えてみても良いかもしれません。入院の点だけでなく、その後の治療やがんとの戦いを長い線で考えて、その節目節目に対応できる商品を選んで下さい。

Read More

がん家系にはがん保険をおすすめしたい

今やがん保険は広く認知され、多くの人が加入している保険となりました。多くの保険会社でがん保険を扱っており、おすすめポイントは保険会社によって違うもので、自分に必要と思われる保険に加入すればそれなりに安心、と言われています。
身内にがんで亡くなった人がいる、やがん闘病中の人がいる、などの場合はがん保険をおすすめされます。また積極的にがん保険に加入する人は「自分はがん家系だから」と複数の保険会社を扱っているカウンターなどに出向いてがん保険の品定めを行っています。自分に対しておすすめされた保険商品については真剣に検討しています。
家系的にがんになりやすい、というのは医学的には完全には証明されていないと言われています。一部のがんについては遺伝子解析が進み、身内にがんになった人がいれば定期的に検査を受けた方がいいというものがあります。その他、ウィルス感染が原因のがんなどもあるため、家系的ながんではないものもあるのも事実です。諸外国ではウィルス感染によるがんについては予防接種などを積極的に行っているところもあります。
がん保険の特徴は、一部の保険商品を除き、がんと過去に診断されていると加入することが出来ません。身内にがん患者がいる場合、がん診断を受ける前になるべく早く加入することをおすすめされることがあります。がん治療が日進月歩の今、治療に役立つがん保険を各社販売してきており、自分の気に入った保険に加入することには意味があります。

Read More

がん保険は85歳満期がおすすめする理由

最近、日本では、三人に一人が癌で亡くなっています。
特に、肺癌、乳癌、大腸癌が増加傾向にあります。
これは、日本人の食生活が欧米化してきたことで、肉や糖分、炭水化物を多く摂取するようになったことも原因の一つとして挙げられます。
野菜や果物を食べなくなり、こってりしたものを好むようになって、病気にかかるリスクが増えてしまい、結果的に癌になってしまうケースが多いようです。
また、肺癌は、ほとんどが喫煙がもとで発病します。
タバコには有害物質が含まれており、喫煙することによって、体内に有害物質を取り込むことになってしまい、肺癌のほかにも、喉頭癌や咽頭癌などの癌も、喫煙が原因で起こるとされています。
乳癌は、その発症原因ははっきりしませんが、女性ホルモンが関係しているとも言われています。
食生活が欧米化したことで、女性ホルモンが活発になり、起こるものや、肥満がもととなって起こるものがあります。
このように、私たちの身近に、癌は潜んでいるのです。
癌になると、放射線治療や抗癌剤治療などで、高額のお金が掛かります。
そのため、がん保険に加入しておくことをおすすめします。
がん保険のおすすめとしては、悪性以外の癌は対象にならないものや、通院に保障が無いものは避けたほうが良いでしょう。
また、入院や通院の日数に制限があると、長期治療が必要なときに、役に立ちません。
そして、85歳満期で保険料の支払いが済むものがよいでしょう。
85歳以上ですと、癌以外にも死亡原因はありますし、健康保険も一割負担になりますので、保険はあっても無くてもあまりかわりはありません。
他にも、がん保険のおすすめとしては、家計の負担にならないように金額の安いものに加入したほうが良いでしょう。
若いうちに加入しておくと、保険料もずっと変わらず、そのままの掛け金で済む場合が多いのです。
そのため、若いうちから、がん保険を考えておいたほうが良いでしょう。

Read More