がん保険とがん特約はどちらがおすすめ?


ガンが普通にかかる病気として定着し、そしてそれはある程度は治すことが出来るということが判ってから、がん保険は本当に沢山の種類が出ています。だけれども大きくわけて、それは二つしかありません。つまり、他の総合保険や医療保険に特約としてつけるのか、単体でがん保険として持つのか、です。  どちらがおすすめかと聞かれれば答えはやはり「人による」でしょう。総合保険や医療保険に特約としてつけるがん保険は、保険料が安いのが特徴です。内容はどこでもさほど変わらず、がん罹患時に一時金が出るとか入院給付金がプラスされるというものでありますから、料金だけでみれば他の保険にオマケでひっついている方が安く準備することは出来ます。ですが、あくまでもオマケでひっついているものは、主体となる保険を解約などすることがあればそれも一緒になくなってしまうというデメリットがあります。がん保険に関しては他の病気などと違って、保険に加入してから半年の猶予期間を設けられます。もしその間にがんが発見されてしまうと保険そのものはなかったことになってしまいますから、総合保険などを解約するに当たって時間や次の保険にかかる新しい料金とともに考えないといけなくなります。タイミングを計る必要が出てくるのですね。単体でがん保険を持っていればそういうデメリットはありませんし、多くのものは契約時から終身保険料が変わらないので結果的に安くすむこともあります。証券などの管理が面倒臭いという方には特約での付加をおすすめしますし、契約が途切れる不安をなくしたいという方には単体でもつ方をおすすめします。