がん保険は85歳満期がおすすめする理由


最近、日本では、三人に一人が癌で亡くなっています。 特に、肺癌、乳癌、大腸癌が増加傾向にあります。 これは、日本人の食生活が欧米化してきたことで、肉や糖分、炭水化物を多く摂取するようになったことも原因の一つとして挙げられます。 野菜や果物を食べなくなり、こってりしたものを好むようになって、病気にかかるリスクが増えてしまい、結果的に癌になってしまうケースが多いようです。 また、肺癌は、ほとんどが喫煙がもとで発病します。 タバコには有害物質が含まれており、喫煙することによって、体内に有害物質を取り込むことになってしまい、肺癌のほかにも、喉頭癌や咽頭癌などの癌も、喫煙が原因で起こるとされています。 乳癌は、その発症原因ははっきりしませんが、女性ホルモンが関係しているとも言われています。 食生活が欧米化したことで、女性ホルモンが活発になり、起こるものや、肥満がもととなって起こるものがあります。 このように、私たちの身近に、癌は潜んでいるのです。 癌になると、放射線治療や抗癌剤治療などで、高額のお金が掛かります。 そのため、がん保険に加入しておくことをおすすめします。 がん保険のおすすめとしては、悪性以外の癌は対象にならないものや、通院に保障が無いものは避けたほうが良いでしょう。 また、入院や通院の日数に制限があると、長期治療が必要なときに、役に立ちません。 そして、85歳満期で保険料の支払いが済むものがよいでしょう。 85歳以上ですと、癌以外にも死亡原因はありますし、健康保険も一割負担になりますので、保険はあっても無くてもあまりかわりはありません。 他にも、がん保険のおすすめとしては、家計の負担にならないように金額の安いものに加入したほうが良いでしょう。 若いうちに加入しておくと、保険料もずっと変わらず、そのままの掛け金で済む場合が多いのです。 そのため、若いうちから、がん保険を考えておいたほうが良いでしょう。