通院治療の可能性から見るがん保険のおすすめについて


がんは、通院で治す時代になっています。抗がん剤治療や放射線治療など、従来は入院して治療していたものが、医療技術の進歩により通院で対応できる時代になったからです。 入院を繰り返して治療していた時代ならば、ある程度の入院日額がもらえて入院日数無制限のがん保険に加入していれば 安心でした。しかし、これかからは、その内容のがん保険では充分に対応できない可能性があります。 がんの3大治療と呼ばれる手術・放射線治療・抗がん剤治療は、年々通院治療の割合が高まっています。 これからは、従来の入院という点だけに絞ったがん保険から、多面的に保障を考えなければならない時代になりました。 がん診断された後の生活を、診断給付金などのまとまった一時金で応援してくれる事・入院時の高額な入院負担分を長期間に渡ってガバーできる事。これらのポイントを押さえた保険であれば、今までは、おすすめ出来る商品でした。 しかしこれからの時代のおすすめがん保険は、入院以外の保障にどれだけ幅があるのか、どれぐらいその治療期間が長期化しても対応してくれるのか? そこもクリアできていなければ、おすすめすることは出来ません。 手術・放射線治療・抗がん剤治療は、たとえ入院しなくても保障されるのか? 保険会社によっては、上記3大治療に加え、緩和ケアも支払対象にしている商品も出てきています。終末医療だけに使うのではなく痛みの管理を初期段階から調節し生活の質を上げる治療も出てきているので、緩和ケアについても考えてみても良いかもしれません。入院の点だけでなく、その後の治療やがんとの戦いを長い線で考えて、その節目節目に対応できる商品を選んで下さい。